近年、一心に聞きます。役者の衰弱の声明。役者もいつまでも瑞々しいお客様ばかりではありませんが、小泉今日子さんはシワも年も含めて可愛いだ。あのように世代を繰り返しられたらいいですね。その大事な分岐が30フィーだ。白髪が時々見えてきて、着色も白髪染めに変わります。ただし、白髪染めをしたくない方もおる。でもね、胸のてっぺんから白髪が見えるといった何とか、本当に世代から幼く当てはまるお客様でも、なんとなくがっくりしまう。白髪があるだけで老けて見える。再度、心掛けなくてはいけないのは、髪の肩入れだ。本当は、第一印象にとりまして大事なのは髪のさらさらインスピレーションだ。30フィーは髪の肩入れで第一印象がかわります。着色で傷んでいるお客様はバッチリトリートメントください。ドライヤーでバッチリ乾かしてさら一層ください。毛髪前文がパサついたり、はねたりやるだけで生活感がでて、老けて見える。メークや組合せを決めていても髪のお手入れを怠ると実に世代から老けて映ることが情報でも出ているそうです。つまり、白髪をじっと染めて、髪のパサ付きを防いで、さらさら髪の毛でおることが、今からの年齢を重ねる上で大事なんです。