今まできちんと婚姻に対して意識したことはありませんでした。婚姻がイコール奥様の至福という感覚が決して無かったというのが原因です。至福なことに、大人になってからも「短く婚姻しなさい」などと親や親せきからの圧力がなかった結果、きちんと婚姻にあたって意識することなく過ごしてきました。ただ、さりとて婚姻にものすごく不快感覚があったわけではなく、専ら関心がある話ではなかったというだけだったのです。それでも30フィーも近づいてくるって「結婚するなら現時点が適齢期かな?」と考えることも増えてきました。だからといって必ず相手方を見つけて結婚するのも異常ではないかと感じたので、結婚する場合は自然に寄り掛かるのがいいのかなとしています。婚姻とめるという代わりもやはりあるのかなと言うことも、共々また感じています。私は婚姻というのは、生涯共々過ごして行く個々といった組織ものの関係性を作り上げる件かなと考えています。婚姻に至福を見れる個々というのは、そんな関係性を相手方と楽しめることが重要かなとも感じました。やはり一緒に過ごしたいと思える個々がいなければ、婚姻をしないという流れになるのが通常だと思うので、婚姻の場合は流れに任せたいなと思っています。