我が家の必勝は、乳児も大好きなカレーという思われがちですが何とシチューです。シチューは、ちっちゃなちびっこも食べれる時短ごちそうだ。シチューって部品費更に加わるんじゃないといった思われがちですが用意するのは、ジャガイモ人参玉葱鶏肉か豚肉のどちらかだけで良いんです。あとは、シチューの素といったおっぱいによるといったそれなりに額増えるので省エネルギーとして用意しません。作り方は、超簡単 おっぱいアレルギーを持つちびっこは、単に食べたくなります。両方から3世間事柄1. 500mlのお水を調整沸騰させます。2.ジャガイモ人参固いものを先に茹でておくといいです。3. グツグツ煮えてきたらジャガイモが気持ちよく潰れてくるので様子見。4.沸騰しお水がなくなる前に味付けに入ります。5. 塩分コショーというちょいレモン汁を入れてください。6. そうして最後にチーズをパラパラっとふりかけた先々ジャガイモが潰れて来たらクリアーだ。こういうチーズが沸騰したお湯と共にトロトロとしたシチューの素のひっくり返りになってくれるので離乳食を始められたちびっこも食べれるようになってます。うちの姪は、こういう味気ないシチューが大好きだ。料金もかからないそうして一際夜は、それほどばたばた連日忙しい母親も父も簡単に焼き上げるんです。後は、幾らかお野菜を付けてあげたら製品出来ます。時短ごちそうで約15パイあれば出来ます。