…それはプロレス!「プ母親」なんてコピーも出てくるほど、巷ではプロレスに酔いしれる女性が急増中です。今回はそういったプロレスの楽しみを女房照準でご紹介したいと思います。とにかく、プロレスというと大男らが身体をぶつけ合ってついついバイオレンスでこわい…といったイメージがあるのではないでしょうか。まぁ確かにそういうものではあるのですが、今のプロレスはひと味違う。おんなじ大男も今活躍されているレスラーはとてもファッショナブル。そうして色男。リーダーされるのが新全国プロレスヘビー級王座のオカダカズチカスポーツマン。191cm、107kgの姿勢からは空想もつかない俊敏な働き、長い手足はスマートで甘いマスクの持ち主だ。もちろんチャンピオンですのでキャパシティも折り紙付き。打点の厳しいドロップキックといった奥の手レインメーカーは場内を盛り上げます。そうして旦那、ひとまずヒールレスラーなのですが、そんなことは忘れて仕舞うほど闘いには男系で、人の良さが隠しきれていない界隈もまた魅力です。そうしてもっと1人様、現在はフリーで活躍してあり往時新全国プロレスといったDDTに所属していた飯伏好運太スポーツマン。旦那は赤子フェイスの細筋肉質といった感じで、見た目は素晴らしいだ。但し旦那のプロレスに関する修行心は並々ならぬものがあって、道路プロレス至るものを決行してしまう変わり者レスラー。神社にショップ街、書店もプロレスする。そうして旦那の一番の魅力は空中テクニック。どこでも飛びます!奥の手はフェニックス・スプラッシュ。旦那を見ていると性分にあんな働きが出来るのか?といった思わされてしまいます。最後に現在のプロレス人気の功労やつと言える棚橋弘至スポーツマン。ブロンドヘアーの巻き髪で決めセリフは「かわいがりてまーす」。占領をすれば大気ギター。といった今までのプロレスの目標をぶち破ったライブはプロレス暗黒期と呼ばれた年代からプロレスを一層キャッチーに誰でも遊べるものにしてくれたレスラーだ。そんな旦那のプロレスは女房らの逆鱗もたっぷり捉えたのだと思います。未だ紹介したいレスラーはたくさんいます。まず外見から入っても、対戦を観てください。プロレスってこれ程華やかだったの?といったビックリするはずです。ゆくゆくテクニックの氏名も自然と覚えて仕舞うぐらいどハマりしてしまいますよ。