これからクリスマス。今年のクリスマスディナーは、しかた巻き寿司にするつもりだ。クリスマスは洋風のコースのほうが見合うんだろうなとは思うのですが、児童の好みに合わせて考えると、自宅ではお寿司になります。うちの児童はお寿司が大好きで、外食に行くことになると必ずお寿司を申し入れしてきます。循環寿司店に行くといった腹がはちきれみたいになるほど食べてしまうのでココが心配になるほどだ。残念ながら家ではノブ寿司を作るのは難しいので、簡単なしかた巻き寿司にしようと思いつきました。しかた巻き寿司の良い点は、自分でツール材など考えて作ることができるところにあると思います。未だにちゃんとした食物は作れなくても、自分で採り入れるものを自分で作ることができる遭遇は児童において楽しいものです。のりに関して飯を乗せすぎたり、テーマをいっぱい入れすぎたりやる悪行もたまにはあります。けれどもそういった悪行として、適量はどれくらいかを自分で考えながら作ることができるみたいなり、徐々に上手になっていくのです。とはいえ、父兄としては児童が楽しくて、自分も支度が楽であるという点が最大の魅力です。クリスマスの日光は、デザートをとりに行ったり配送に行ったりとりあえず慌しいので、簡単に用意できて、かつ児童が喜ぶコースを鳴らすのが一番です。児童が大きくなってきたら、また歓迎が変わるのかもしれませんね。昔児童と共に用意できる日光がくるといいなと思います。