常々必要不可欠な家事のひとつが食品だ。食品が好きなダディをお持ちだとか、外食や買ってくることが多いとか、子が助けるとか、そういった事がない以上、基本的に一年中3回一年中、正にしょっちゅうキッチンに立っているような考え違いさえしてしまいます。そこで勧告なのが「つくり置き」だ。以前はその日の夕ごはんはその日に作っていました。おおまかをすることもありますが、基本的に常々半~1時間はキッチンに立って掛かる年月が必要でした。だが、つくり置き暮しを始めると、キッチンに立つ年月が一段と減りました。主菜は、買い出しから帰って来て気持ちがあるうちに、オーブンやレンジも駆使して一度に作ってしまう。特に副菜は、一度に沢山作って、それを2~3日間おきに間隔で出せば、単純にトータルの炊事年月が減ります。冷蔵庫にすぐに生み出せるものがあるというリライアビリティもありますし、急性訪問で帰りが遅くなっても、巨額副食などを買って帰らずに済むようになりました。種の無駄も少なくなり、今までは「食べきらなければ」と思っていましたが、そうする必要もないことに気付き、無理して食べきらずにあすに回したりするようになりました。結果的に、食費や外食費も減ったように思います。依然としてレパートリーが少ないのですが、ツボもつかんできたので、こういう「つくり置き」暮しを今後も続けていきたいと思います!